やり過ぎな浮気調査は法律違反になってしまう?

20150907-thumb-1000x667-243

旦那の浮気を見つけてしまった時、何とかして自分の判断で証拠を突きつけてやろうと思うのは当然の事です。

そうでもしないと気が収まらないからです。

しかし、自己判断でやり過ぎな浮気調査を行って実際に法律違反として逮捕されたケースもあります。

また動かぬ証拠が、裁判で認められない事もあるので注意が必要です。

離婚が円満に行くとは限らない

20150907-thumb-1000x667-243

浮気が見つかり携帯電話やパソコンを無断で見て、メールのやり取りから浮気が確実となった時、旦那に突きつけますよね。

その結果旦那が非を認めて、復縁するかもしくはきちんと慰謝料や養育費を払うとなれば円満離婚で何の問題もありません。

旦那さんが非を認めているので、あなたが罪になる事はないでしょう。しかし全てがそうはいきません。

旦那さんが全く事実を認めず、むしろ法律違反だと裁判にかけられた時、
内容によっては証拠として認められなくなる可能性もあります。

自己判断での浮気調査は後々違法になる事も

例えば携帯電話やパソコンのパスワードを勝手に解除すればプライバシーの侵害になる恐れがあります。

浮気の事実を確認するために車内にGPSを仕掛けたり、それ以外の目的が見受けられない場合にはセーフといった事もあります。

この線引きがかなり難しく、状況によっても変わってくるため自己判断での浮気調査は怖いのです。

過去にメールを自分のパソコンに転送して不正アクセス禁止法に引っかかり逮捕されたケースもあるのです。

また怒りが収まらず、浮気相手の家まで尾行して敷地内に入ってしまえば、立派な不法侵入として相手の女性に訴えられる可能性もありえます。

逮捕されて刑務所に、という事は稀ではありますが離婚する際の慰謝料がグンと少なくなる恐れがあるのです。

少なくなるだけならまだしも、精神的ダメージを受けたと相手から慰謝料を請求される危険性もあるのです。

こちらが浮気をされたのに、結果として損をするなんて後悔やモヤモヤが残るのは嫌ですよね。